世界中のホモロゲーション
型式承認のエキスパート
Click here to check our Live Map for the global COVID-19 impact on authorities and type approval processes. IB-Lenhardt AG is fully operational and available for you.

Safety Testing

Messgerät

 

2020年1月:IBL-Lab GmbHは、DakkSの認定範囲に電気安全を掲載しました。

 

認定範囲:https://www.dakks.de/as/ast/d/D-PL-21375-01-00.pdf

 

IEC 62368-1オーディオ・ビデオ、情報および通信技術機器 Part 1:安全性要件

 

2020年12月20日、長期間使用されている整合規格IEC 60950-1およびIEC 60065は適合性の推定を失い、IEC 62368-1およびEN 62368-1に置き換わります。

 

この日までに、無線機器指令(Radio Equipment Directive: RED)または低電圧指令(Low Voltage Directive: LVD)への適合を確認できるように、IEC 62368-1に従い関連するすべての製品を再評価することをお勧めします。

 

新しい標準規格は、テクノロジーベースからリスクベースへとアプローチが変更されており、さまざまな製品を同等に評価することがより簡単になりました。

 

例えば、危険は、次のエネルギー源のタイプとサイズで区別されます。

 

  • 電気
  • 機械
  • パワー
  • 放射

 

電気エネルギー源には、高電圧試験、漏洩電流測定、公共送電網に接続された製品ための保護導体測定が含まれます。特に、メーカーが実装した絶縁協調が試験されます。

 

さらに、電気エネルギー源に関する間接的な危険は、実装されているまたは利用可能な電力(キーワード:火災とアクセス可能な箇所の接触温度です。製品は、意図された異常環境条件で動作されますが、単一故障状態でも証明する必要があります。最後に、発火の可能性を低減するための要件が満たされているか、または防火エンクロージャが必要かどうかを確認されます。

それに加えて、接触温度が、警告サインや関連する保護が必要とならない全ての場合において閾値が超えないことを監視されます。

 

サービス:

 

  • IEC 62368-1
  • DIN EN 62368-1
  • VDE 0868-1
  • IEC 62368-1の枠組みでの難燃性クラス決定(HB / V-0)

Contact

Andreas Bender
Your personal contact
Contact me now!
This website only uses the most necessary cookies to enhance your browsing experience. Please accept the use of cookies on this site, to allow us improving the site for you. You will find more information about cookies in the Privacy Statement